閉じる

お知らせ

2007.06.30
睡眠外来の今 −いびき・日中の眠気を探る検査

日本人の5人に1人は睡眠の問題を抱えているとの報告があります。
ひつじクリニックにも、睡眠についてお悩みの患者さまが多数来院されています。

睡眠障害には、なかなか眠れない・途中で目が覚めてしまう・朝方目が覚めて
眠れないといった不眠症、睡眠を十分とった気がしないといった熟眠困難、
いびきをかいて睡眠中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群、
日中に強い眠気が起こる過眠症などがあります。

まずは問診で睡眠の問題を把握することが重要です。その上で詳しい検査が
必要となる場合もあります。睡眠中に何度も目を覚ましていないか、
いびきや無呼吸、足の運動はないか、熟睡できているかどうかなどです。
この検査は睡眠中の脳波が測定できる施設に1泊入院することが必要です。
夕方に入院して一晩眠っている間に検査を行い、翌朝には退院となります。

日中の強い眠気に対して、さらにMSLTという脳波上で眠気を測定する
特殊な検査が行われます。この検査をルーティンで行っている施設は
限られているのですが、この度、院長・副院長が下記のクリニックで
検査を開始しました。

・よしだ睡眠呼吸クリニック(大阪 本町)
・たなか睡眠クリニック(京都 四条烏丸)

不眠治療・いびき・日中の眠気でお困りの方はご相談ください。

トップページへ

お知らせ一覧へ

うつ病などで休職中の方に
復職リワーク滋賀のご案内

一般社団法人
産業メンタルヘルス協会