閉じる

お知らせ

2007.08.08
パニック障害と不眠の報告が掲載されました

2006年12月に東京で開催された第22回不眠研究会において、副院長が「パニック障害と睡眠障害」
という報告を発表し、この度「不眠研究2007」に掲載されました。

パニック障害の患者さまは「夜中に胸がドキドキして飛び起きる」「朝目覚めると動悸と冷汗がひどい」
というような睡眠時パニック発作が生じることがあります。
今回我々は、パニック障害の患者さまでは入眠困難・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠感欠如などの
睡眠障害が高頻度に併発しており、それぞれに特徴的なパターンが存在するということを
明らかにしました。今後、さらに詳しく調査を進めていきたいと考えています。

トップページへ

お知らせ一覧へ

うつ病などで休職中の方に
復職リワーク滋賀のご案内

一般社団法人
産業メンタルヘルス協会