閉じる

お知らせ

2007.09.10
生活リズムとストレスの論文が掲載されました

「肥満と糖尿病」9/10月号に副院長の総説が掲載されました。
ヒトの生体リズムはどのように決まっているかについて述べています。

睡眠・覚醒・体温・血圧・脈拍・内分泌代謝・ストレス反応など様々な体内の仕組は、
体内時計の作り出す概日リズムによって周期的に活動しています。
このリズムが乱れると、不眠症や睡眠覚醒リズム障害、さらにはうつ病につながります。

トップページへ

お知らせ一覧へ

うつ病などで休職中の方に
復職リワーク滋賀のご案内

一般社団法人
産業メンタルヘルス協会